作曲家

平野義久

Profile
プロフィール
氏名平野義久
略歴1971年12月7日和歌山県新宮市生まれ。5歳よりヴァイオリンを始める。バロック音楽に魅了され、小学生の頃から独学で作曲を始める。高校時代にジャズと邂逅、マイルス・デイヴィス、セロニアス・モンク、エリック・ドルフィ、ジョン・コルトレーンらの音楽に没頭する。アルト・サクソフォンを手にしジャズ・プレイヤーを志すが、ジョン・ゾーンへの心酔を契機に現代音楽に心惹かれるようになる。一方で、ショスタコーヴィチの交響曲に強い感銘を受け、本格的な作曲の修行を決意する。高校卒業後紆余曲折を経て渡米、イーストマン音楽院で作曲をクリストファー・ラウス、ジョセフ・シュワントナー両氏に師事する。バタイユ、クロソウスキー、マンディアルグ、ジュネら20世紀フランスの作家・思想家に傾倒し、授業もそっちのけで多くの時間を読書、そして作曲に費やす。紆余曲折を経て同院中退、その後帰国。さらなる紆余曲折を経て2001年に劇伴作曲家としてデビュー。以来今日に至るまで数多くのサウンドトラックを世に送り出している。文学・哲学から落語・モードファッションまでこよなく愛する好奇心旺盛な作曲家。(日本国内の)動物・昆虫などはかなりの確率で正確な和名を言い当てることが出来る。ただし幼少時のトラウマ体験により芋虫恐怖症。

出典:http://www.yoshihisahirano.com

フォトグラファーのピックアップコラム

INTERVIEWEE  Yoshihisa Hirano INTERVIEWER  Tetsuya Hara

「敵わない...」私は写真を撮る時、常に被写体との真剣勝負だと感じている。平野さんに対峙した瞬間に負けを悟った。人間としての深さが圧倒的に違うのだ。己を信じ、自らの手で切り拓いてきた彼の世界は手を変え品を変え、流れをこちらに引き寄せようしたところで微動だにしない。彼の座る、ホールの赤い座席が大きな炎のように見えた...私が負けを認めた瞬間、彼はレンズ見据えながらニヤリと笑った気がした。「作り手の熱意に深く共鳴したり、共感したりできるかが自分が参加するかどうかの決め手になりますね」インタビュー中に彼がこう話していたことを思い出し、 私はシャッターを押し続けた。最後に椅子から立ってもらいもう一度、正面から対峙した。先程と違い、ほんの少しだが笑顔が見えた。私に何かを伝えようとするような笑みだった。 帰り道、アーティストの端くれとして彼に一歩でも近づけるようにシャッターを押し続けることを誓った。

写真・記:原哲也

SHARE